目の病気 カラコン

カラコンと目の病気について

カラコンを使用する場合には、眼病のリスクがあるということをしっかりと覚えておいてほしいと思います。 カラーコンタクトレンズの中には、マンスリータイプのカラコンやワンイヤータイプのカラコンのように、長期間の使用をしないといけないものもあります。 これらのカラコンは、いかにしてレンズのケアや洗浄などを綺麗に行うことができるのかということが重要となってきます。
綺麗にレンズのケアとか洗浄をすることができていないカラコンを使用していると、
目の中にバイキンが付着してしまいますので、その状態のままでいると
眼病が起こってしまうことがあります。

 

一番発症率の高いカラコンを使用して引き起こされてしまう眼病としましては、
アカントアメーバ角膜炎というものがあります。
このアカントアメーバ角膜炎になると、自力で眼病を治すことができません。
しかも、そのままアカントアメーバ角膜炎を放置していると失明をしたり
視力低下が引き起こされてしまったりと様々な目の症状が引き起こされて
しまうようになりますので気を付けてください。

 

カラコンには使用期限というものが設けられていると思うのですが、
ワンデータイプのカラコンであれば、使用期限は1日です。
しかし、そのワンデータイプのカラコンの使用期限を守らずに
そのまま1週間ほどの使用をし続けてしまいますと目のトラブルが
起こりやすくなってしまうのです。 視力低下や目のトラブルはもちろんのこと、
眼病を引き起こしてしまう可能性もありますのでカラコンの使用期限を守らずに、
「もったいないから。」という理由だけで長期間の使用はしないようにしてください。

 

マンスリータイプのカラコンであれば、1ヶ月間が使用期限となっていますので、
その1ヶ月間の間だけ使用をするようにしましょう。
ワンイヤータイプのカラコンであれば、使用期限は1年間と
なっていますので1年以上の使用はしないようにしましょう。
カラコンの使用で発症してしまいやすい眼病としましては、
角膜びらんとか角膜上皮剥離などがありますね。
これらの眼病は、間違ったカラコンの使用法などを試していると
非常に引き起こされやすくなってしまうので注意をしてください。

 

カラコンは、オシャレを楽しむために使用するものなのですが、
医療機器として扱われていますので、しっかりと使用上の注意を守って
使用をするように心がけましょう。
正しくカラコンを使用するように心がけると、眼病を引き起こしてしまう
確率は随分と下がるのではないでしょうか?