アイライン 上手

アイラインをうまく使うには

上手にアイラインを引くことができれば、目の印象をガラリと変えることができますね。そんな顔の印象を変えてくれるアイラインの上手な引き方ですが、まず自分に合っているアイライナーを選ぶことがとても重要なポイントとなります。
ペンシルタイプとかリキッドタイプなどの種類が沢山ありますので、自分が使いやすいと思うものを選ぶと良いのではないでしょうか?

 

また、鏡を必ず自分の目線よりも上に置くようにするということが肝心で
まつ毛の根本を塗りつぶすようにすることが重要ですよ。
初心者の方であれば、ペンシルタイプのものを選んで使用を
するようにすると良いでしょう。

 

芯を肌にあてて描いていくタイプとなっていますので、
線がブレずに上手に描くことができます。
リキッドタイプのものは、液体がまつ毛に触れてもくっつかない
タイプのものや、液体がまつ毛に触れると、まつ毛がくっついてしまう
タイプのものの2種類が存在していますがまつ毛がくっつかないタイプの
ものを選ぶようにした方が良いです。

 

リキッドタイプのアイライナーを使用する場合には、
筆の先を細く整えて、目の際の中央で一番高い部分に
あてるようにしましょう。目尻の方に向かって水平に
細く伸ばしていくようにすることがコツですね。
その後に、最初に引いた線と本当の目尻の部分を結んで
三角の部分を埋めていくようにすることがポイント。
そして、反対方向に極細のラインを引いていって
中央から目頭に引いていきましょう。

 

こうすることによって、かなり綺麗に自然な感じに
目頭に向かって細くなるラインが引けますので、
ぜひ実践をしてみてください。

 

アイラインの上手な引き方を覚えたら、
後は何度も練習をしてコツを掴んでみてください。
コツを掴むまでは、慣れないので上手くアイラインを引くことができません。
しかし、3回か4回ほど実践的に練習を行っていくことによって上手に
アイラインを引くことができるようになりますよ。

 

「メーク上手」さんになるためにも、上手にアイラインを引くことが
できるようになるということは重要なポイントの一つ。
メークが上手く決まれば、顔の印象も全く違ってきますので
ぜひ上記の方法を実践してみてください。
にじんでしまった時には、綿棒にリムーバーを染み込ませて
そのまま拭き取るようにすると上手に対処をすることができます。
他にも、化粧水や乳液やリップクリームを使用しても、
綺麗ににじみを拭き取ることができますよ。